2009年04月29日

自宅ゲームその2

はい、夜の部をやりました。

・イッツアライブ(生きてる)
人体パーツを集めて合体させるという、絵もテーマも凄いゲーム。これ普通に航空機作成とか、料理とかそういうんじゃダメだったんでしょうか。やっぱり時代はアンデッドでしょうか。8つのパーツを集めます。
序盤、金をため捲くった提督。自分はパーツを集めつつ小銭を回す。とここで金が無い状態で村人暴動。パーツがすっ飛ぶ。ここでお金の重要性を再認識して貯めに走る。ある程度たまった状態でパーツを買いあさりーというところで提督が完成。オールマイティを2枚使った高得点ながら、こちらも余ったお金で得点に。計算してみると同点でした。

・キャッスルマーチャント
商品を運ぶためにルート作成、そして移動のゲーム。基本的に他人の作ったルートも移動できるので、後手番が有利かもしれませんが、城に売りに行くのが早いほど高いお金が貰えます。序盤、カードが偏っていたため、提督が敷いた道を使いながら城に先乗り。その後もそこそこの偏りを見せてドンドン城を回っていく。途中でカードが尽きたあたりで草原で補充。チーズ城だけ無視して補充に帰ろうとすると、提督のがけ崩れブロック。これを回避しつつ2週目突入。タル城2回目は間に合わず、3回目を入りながら一進一退状態。最後は持っているカードが移動に適していたためチーズ城に突っ込んで終了。序盤の有利がそのまま利いた感じでした。

・クレイジーチキン
名前がいい感じです。サシ用カードゲームで同数字を集めていくシステム。とにかくカードバランスやら悩ましさやら、カードを集めていく過程がいい感じのゲームです。3回プレイして16オーバーのカードを3,4枚セットを作ることが出来て快勝。カード引きは運要素ですが、あちこちでポロリカードを防ぐ方法があるのが面白いゲームです。自分のセットを上書きで潰して、取られたくない捨て山に上盛りするとか。手軽に遊べて中々面白いゲームです。

という感じで本日は軽くゲームを幾つかプレイしました。
クレイジーチキンはかなりいい感じでした。


posted by karoku at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅ゲームとか

最近購入したものを、プレイしてみました。
昼間の部はこんな感じです。

・ケルト拡張ボード
普通のケルトのカードやコマを使った拡張。道が枝分かれしており、「動かすコマと色」が連動していてルートとは連動していない、不思議なシステムです。プレイ所感ですが、これはかなり面白い。一度置いたカードを破棄出来る可能性があるというのも、相当戦略が広がります。
提督とのサシ勝負。序盤に0,1のカードを持ち広い選択肢の状態で中盤にカードが来なくなる。青のカードが来ない代わりに緑のカードがガシガシ入る。青のルートは半分諦めつつ、他のルートを伸ばす。途中、黄色を持っているのにルートを間違えたりと細かいミスがありましたが、カード運で逃げ切り。

・魔法のラビリンス
磁石を使った移動ゲーム。盤下に迷宮が隠されています。衝立に当たるとパチンコ玉が落ちる仕組み。一番最初に出たお題が偉い難しく、中々たどり着かない。やっとこ行って何となくルートがわかってから、怒涛の連続成功。磁石物は何とも形が面白いです。

・オオカミと七匹の子ヤギ
かくれんぼをゲームにした感じです。隠れる場所が何箇所かあり、オオカミ役の人が指人形を持って子ヤギを探します。勝負としては中々見つけられず惨敗。

・メトロポリィス
ビル配置の簡単ゲーム。ビットの方法がちょっと珍しい。今ビットしているビルから隣接地域に更に高いビルを置く必要があるというシステム。序盤からこちらのねらい目がバレ、中盤までは厳しい状態に。しかしてこちらの絞りのためにコマを使い切った提督が1,2を残した状態。こちらは全てそれ以上なので流行地域やらをゲットしまくりお題も決める。が見てみると提督がオブジェ囲みを2つも成功していた。何のかんので辛勝。

ということで、後日やるためのクレオパトラと建築士を取りに出かけてきます。
夜の部も後ほどアップ予定。
posted by karoku at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頒布会を遊んでみた

えー

メビウス頒布会のゲームを早速遊んでみました。
ルール読みをしてくれた提督に感謝感謝。

・ケルトタイル
ケルトやらロストシティやら、あのへんのシステムをタイル捲りにしたゲーム。点数やリプレイ、石集めがタイルに内包。序盤から集める方向がかぶり、こちらは物が揃うまでしゃがむ作戦に。提督は引いたタイルを入れつつ、中盤から見に。終盤にキータイルを悉く取られて終わってみると大敗。5枚、6枚をあれだけ作るとはー

・ラビリンスパズル
カッシャンカッシャン動かすパズルでルートを作成。15パズルと同じ要領です。最初にルートが出来ず、そのあと全然繋がらずに連敗。途中から動かし方がわかってきて追い上げるも、数歩及ばず。こういうパズルは苦手ですが、何とも楽しいです。

・フィンカ
果物作成&売っぱらいゲーム。他の人のコマ位置と持っている資産を見比べながらタイミングを計ります。序盤から1〜6のセットが偶然出来、そこからもう1セット作ろうとするも、残りの4タイルを全て抑えられる。これによりロータイルを諦めて5、6タイル&ボーナス狙いにシフト。
まさかのアーモンドアタックとオリーブアタックにより、?大量獲得によりボーナスを更に取得。これが決めてでそのまま逃げ切り。

・賽は投げられた
サイコロを振って場所を押さえて点数を獲得する目勝負のゲーム。勝負パターンが複数あるのが珍しい感じです。序盤から元老院どっぷりの提督と領土どっぷりの自分。ただし領土と貴族が上手くかみ合わず、夫婦が全然作れない。終わってみると全領土に貴族を一応配置したものの、使えずにあまった貴族が4枚と大量に。計算してみると元老院タイルを上手く使った提督に一歩及ばず。

と、この4作品をプレイしてみました。
どれも中々面白かったです。個人的には「賽は投げられた」が気に入りました。
posted by karoku at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

自宅ゲーム会ハイパー

家に帰ってから短時間で4ゲームをやる、という流れになりました。
ということで急遽自宅ゲーム会。

・ハイボルテージ
電気ビリビリ通電ゲーム。内容としてはルート&タイルゲーム。自分が担当する青をばれないように他の会社も進ませつつ、ボーナスで何とかしようとするも、提督に立て続けに長いルートを作られて場所が少なくなる。
中盤からダッシュし始めた黄色を止めようと思うも、これもフェイクかな、と思って全色均一に伸ばす。最後のほうで特殊アクションを使って連続手番で終わりにするも、提督は矢張り黄色で、そのまま惨敗。

・わかった!
4枚の透明プレートを組み合わせて絵と同じにするお題ゲーム。序盤閃いて2つほど成功するも、そこから提督のオンステージで中々追いつかない。中盤に少し成功するもこちらが成功するのは1点。中々追いつかずに惨敗。
ちょっとプレイするのには楽しいパズルゲームです。

・シティーズ
タイル配置コマ配置ゲーム。各自自分の街を作ります。中級にてプレイしました。中級では水&テラスが重要ということで、長い水路をダブル使いするのがポイントです。あとの公園などは1つずつ大きなものが出来たらいいかなくらいの感覚で作成。
短時間で終わるので2回ほどプレイし、両方とも僅差での勝利。

・コンボキング
お題サイコロゲーム。各自お題カードを持ち、成功するとチップがもらえる。このチップで振りなおしなどが可能。今までのこの手のゲームには無い、「他人との勝負」が結構盛り込まれています。これは熱い。
簡単難易度をペイペイクリアしていく提督。自分のは3回以内にピンゾロを出す、サイコロたくさん振って段々合計値が大きくなるように3回振る、といった難しいものが。
チップも活用してあっという間にクリアしそうになる提督に、なけなしのチップを使ってカードチェンジを強制したら、もっと簡単なカードが出てきて一発成功。惨敗しました。


ちょいプレイゲームとしてどれも面白かったです。特にコンボキングが気に入りました。
posted by karoku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

自宅ゲーム会4

長かったのですが、先日の自宅ゲーム会の残りを書きます。

・ルネッサンスのゆりかご
隣の人との簡単勢力争いゲーム。4人はイマイチという話を聞いていましたが、2人でやったら計算ゲームでした。3人がいいかもしれません。
序盤から天才コマを積極的に使い、人を集めていく。ひたすら人を集めて人山札を作っていく。中盤でちょいちょい負けながらも、人勝負に持っていってごっそり貰う、という流れを作る。
ゲーム終盤のタイミングでイニシアティブが取れたので、それだけで勝ちきったイメージが。

・ひっくりカエル
ちょっとの記憶と運のタイル捲りゲーム。序盤から提督にバシバシと連続タイルを決められ、中盤まで苦戦する。が相対的にこちらの情報が増えて楽になるので、半歩遅れて追いかける状態。
最後は8のタイルの探しあいになり、先に見つけられて終了。何とも、ほのぼのゲームです。

・イス
宝石の価値を上げ下げしながら集めていき、点数勝負のゲーム。点数を取る方法が複数あるため、どれで稼ぐかが重要。
黒い宝石を殆ど提督に取られたので、こちらはダミー君と一緒に色付き宝石を集めていく。ダミー君より少し多いだけでいいはずなんで、価値の高いものをそのまま集めつつ価値を維持し、残った余力で直接点数を稼ぎに行く。中盤からはカードを取りにいってみたら、思ったより強くて戦いが楽に。
終盤に黒い宝石を取りに行くように見せてそこそこの勢力を持って行き、それを囮に欲しい物を薄い勢力で取り巻くって逃げ切り。上手くいった割には僅差での勝利。黒い宝石のパワーも中々凄い。

・アルハンブラ記念版(なんだか豪華)
ラストを飾るのはアルハンブラ豪華版。金色の刺繍に豪華なボード。何とも楽しげな感じです。
序盤から高得点タイルをダミー君が持って行き、提督がガチンコ勝負に出ている。がギリギリ届かず。
自分はバッティングしないミドルレンジを集めつつ、後半のために高いタイルも少し手に入れる。ただし中途半端な状態なので最初から外壁は適当。
中盤からダミー君が満遍なく取り始めるという猛威を振るったため、高いタイル1つだけ的を絞り、残りはミドルレンジに向ける。最後の最後までダミー君がいい勝負をするという状態で、終わってみると僅差で逃げ切り。

ということで、お疲れ様でしたー
分割していたので、思ったよりも長くなりました。読んでくださった方々もありがとうございました。
posted by karoku at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

自宅ゲーム会3

間が空きましたが、自宅ゲーム会の続きです。

・ヒクタス
カード移動ゲーム。なんていうか、なんていいましょう。恐らく序盤まではカードの単なる出し合いで、終盤の駆け引きで勝負、って感じになると思っていたんですが、カード持っていれば勝つ、逆転できるカードを持っていればまず逆転して終わらなくなる、って感じであります。
ゲームではガンガン進んで提督が止めるカードが無かったため、そのままゴールして終了、を2回ほどやりました。

・バナナスプリット
メニュー完成作成ゲーム。メニューの難易度による得点加重が全く存在しないため、カード運がかなり重要なのと、1つだけ点数が高いバナナスプリットが魅力的。オールマイティカードを1人で全て抱えたため、作りたい放題にて圧勝。

・メガリス
同じクニツィアのストーンヘンジとシステム一緒で木になった豪華版。意味的にはストーンヘンジもメガリス。重要拠点と端部分に高い点数を集中し、ミドルレンジを明け渡す流れに終始し、僅差での勝利。

・ラトルスネイク
磁石をそっと置くだけという簡単ゲーム。磁力が強いのと、形がラグビーボールみたいなんで設置面が少なくてゆらーっと動くのが特徴。途中までお互い上手く配置していたものの「これ以上置けないだろう」という状況で提督が置きようの無い狭いヘビの目を出す。んでもってがっしゃーん。こういうゲームは純粋に楽しいです。

長いのですが、更に後日に続きます。
posted by karoku at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

アリアを聴きながらヴェネチア

先ほどまで、アミーゴのヴェネチアをプレイしていました。
音楽はアリア。
ウンディーネから始まって、最後はルーミスエテルネ。
ということで、場所は多分アクアのネオヴェネチアだと思います。
アウグーリオ、ボナーノ!

ゲームはヴェネチアを舞台にしたカードでの建築ゲームであります。
土地を開拓(沼地に杭ぶち込んで、人工的に土地を作る)し、教会や家、橋などを作りつつ、点数を取るゲームです。点数はゴンドラで表し、カナルグランデあたりをドンブラ進みます。

序盤、土地があまり開拓されてないときに建築簡単な家カードを何枚も引いたので、かなり楽な状況に。グラーチェ。

中盤に提督が大きな教会を2回作成し、一気に高得点。さらに貯めたお金で一気に進み、移動歩数得を作り上げる。ここで家密集地に対して橋を作り、かなり差が開く状況に。

自分は沼開拓のボーナスが0金ばっかりという状況が続くも、中盤から高得点宮殿、高得点広場をたたき出して何とか追いつく。

最後は提督が宮殿を作る前に持てる資金全て使ってゴールに突入。序盤の優位が嘘のような僅差勝負でした。

大箱ですが、開拓建築系ゲームは何とも楽しくて好きです。


posted by karoku at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

自宅ゲーム会2

今日は時間が無いので、少しだけアップです。

・ロジップ
1〜10のカードを使った推理&攻撃ゲーム。赤いカードは1枚ずつしかないため、ここが推理の基本となります。
相手を騙すというよりは可能性を全て計算し、あとは運みたいなシステムです。
2人でプレイしたのですが、1人2キャラ分セットするため、情報が少し多くなります。
序盤カードがよかったので、アップしながら反転ダウンの作戦で騙そうとするも引っかからず。
そこから一進一退の攻防。終盤こちらが大量カードによるトラップセットで提督がよけきれず(持っているカード全てダメ)勝利。
人がセットしたので確率というよりは可能性予測でしょうか。ゲーム的な考え方を入門するゲームにはいい感じです。



posted by karoku at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

自宅ゲーム会1

土日とゆっくり休みながら、自宅でゲームをしていました。
ということで、その時のダイジェストをお送りします。

・キャッシング
内容はコンビットと全く同じ。カードを資金で買って、掛け算して高値で売却、を繰り返す。
序盤、高いカード同士を買われてこちらはいい形にならず。気が付くと結構資金を投入しないと高値までたどり着かない。しかも途中で資金がショートする流れ。
細かく売り買いをしながら、途中で「先にカードを買うと相手が得」という状態になり、しゃがみ合い。持っているカード枚数の差でここは制するも、序盤に小銭しか稼げなかったのが響き、惜敗。

・考古学カードゲーム
カードを集めて高値でポイントにする。システムは「同じカードが多いほど高得点」でザウバーカクテルやシヴィライを思い出します。ただこちらは点数配分が極端で1〜4枚までは1枚1点、5枚で跳ね上がる、みたいな構造になっています。
手札には安そうなカードしかないところに、高いカードが来た! シーフで持っていかれた。めげずに高いカードを集めた、シーフで持っていかれた。
それでもめげずにファラオのマスクや硬貨、ピラミッドの地図など高価値のものを集めたら、砂嵐でカードが半分に。しかもちゃんときれていなかったらしく、連続砂嵐により手札が壊滅。その後猛チャージするも、ダブルスコア以上の大差で惨敗。
一度もピラミッドの地図で発掘できなかったのが残念です。でもこのカードゲーム手軽で面白い。

・ククリン
掛け算を使った簡単心理戦カードゲーム。最初に1枚ずつ出し、次にもう1枚ずつ出して掛け算勝負というもの。
相手を上回れば勝ちという単純ながら、「30以上の差で上回ったら負け」という要素が心理戦を作り上げています。1枚目のカードから相手の出方を予想しながら、下を潜るか勝てるよう出すか選びます。
驚くほど簡単なシステムですが、程よい読み合いが楽しめます。プレイとしては完全に読みきった1回以外、全部読まれ負け。超大差にて惨敗。

残りは後日書きます。
posted by karoku at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

じゃむたん定例会2

先日のゲーム会の続きであります。

・反乱
カルタヘナシリーズの4作目。シリーズといってもテーマが同じだけで毎回システムが違います。今回のは2勢力に分けて「どちらにつくか」ゲーム。勝ったほうについていて、一番お金を持っている人の勝ち。
序盤、全員急いでどちらかの陣営に付く。これはゲーム終了まで分かりません。中盤からは金集めの哲、戦闘カード集めの提督、両方バランスで取っていく自分というタイプに分かれました。提督と自分はゴーストも引き当てて足踏みも発生。
自分は船長側に付き、戦闘カードを船長の方に寄せていく。お金カードはたまたま3を何枚か引いたので枚数が少ないものの高得点。
戦闘カードが中々手に入らない哲により、船が進まない状態が続いたものの、ついに最終戦闘勃発。
戦闘員が2つ以上埋まらなかったので、後はランダム。
最初の戦闘は戦闘員が拮抗していたので、自分は2ラウンド目ですぐに抜ける。哲も戦闘カードが無いので抜けるかと思ったら、何故か抜けずに先頭を継続。
これにより船長側が戦闘に勝ったものの、哲の戦闘カードが無くなる。2戦闘目は自分が配置した船長に有利な配置。これは戦闘カードをあまり出すまでも無く、2ラウンド目で全員抜ける。船長2勝。
3戦闘目で出せる戦闘カードが無い哲がゲームから脱落。ランダムで置かれた戦闘員は極端に船長側が強い。これで勝利して船長側の勝ちとなる。提督は反乱側に賭けていたものの、ランダムの配置が船長に偏りすぎていたため勝利。
残ったお金を確認してみると、3のカードのお陰で哲が脱落して無くても勝っていた状態。
システムをコネコネしすぎて、少し分かり難いシステムになっている感じがしました。ゲーム中に「どちらかに投票」「戦闘カードを最低5枚集める」をクリアしないとゲームから脱落します。

・スペースディーラー
30分で強制的に終わる砂時計アクションゲーム。各自2つずつ砂時計を使い、自分の星を発展していきます。時間との戦いという不思議なシステムであります。
序盤からテックレベルを上げていく哲、あちこち作り捲くる自分、細かい材料を少しずつ作っていく提督。自分もテックレベルを2、3と一気にあげて発電も強化。電気を2ライン使う高い工場を作り、一気に製造に走る。途中から提督の需要4つを満たした宇宙船をとりあえず向かわせ、運びもスタート。
ただこれが若干早すぎて宇宙船が都度往復する羽目に。これにより結果的に航行時間が増えてしまい、手番損に。終わってみるとガッツリ作って中盤一気に運んだ哲の逃げ切り。
ルールを一部間違えていたため、30分掛からずに需要が全て満たされてしまった(プランカードのストップは、カードは破棄ではなく、山下に戻す、だった)。

・片目の海賊
同じ種類のカードを集めて資産を増やしていくゲーム。序盤お金や刀を使って無理やり宝石2のカードを取る。これにより中盤の資産運用が厳しいものの、常に宝石が2つずつ入る状態に。中盤から資産も増えてきて上手く回るようになったあたりでゲーム終了。
持ち金や宝箱は少ないものの、単に宝石が多くて逃げ切り。
あっさりしていますが、遊びやすいゲームです。

・エスナプール宮殿
バッティング型建築ゲーム。本当に序盤に哲と全く同じ作戦にでて、張ったお金が少なくて失敗。それにより序盤から強烈な足踏みが発生。その後も収入を確保することが出来ず、材料も中々手に入らない状態に。
提督もレンガ作成の足を止められるなどで行動が止まりがちに。中盤、順番取得の特殊アイテムを使い、レンガ制作のバッティングを4で外し、途中まで出来ている高い建築現場を作ろうとするも、同じ作戦の提督とバッティングして建築不可エリア選択権利を哲に取られる。で狙っていた場所を止められて建築できず。そのままの勢いでゲームが終了。
終わってみると終始建築完成に足を掛けた哲が高い点数の場所をキープしていて逃げ切り。


中々個性の強いシステムがありましたが、どれも結構面白いゲームでした。
参加した方々お疲れ様でした〜
posted by karoku at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

じゃむたん定例会1

気が付いたら、特に盛り上がりも無いまま777レビューを超えていました。
777レビュー目は「ピラミッド」でした。指で突っつくやつであります。
次は1000レビュー目指してがんばりまっす。


先日、毎月恒例定例会を行ってきました。
その様子をダイジェストにてお送りします。
参加者は哲、提督、自分。参加した方々、お疲れ様でした〜

・勝利への道コンパクト
あの「勝利の道」がコンパクトになって帰って来た。へんな虫コマもついてます。配置順番もランダムのようで、固まった場所でのしゃがみ合いになら無くなっています。
序盤からサイコロの目もよく、点数やらクローバーやら取りまくる。後は全力で逃げつつ、マイナス10をクローバーでプラスに変えてそのまま逃げ切り。大きな数字ばっかり出たので、虫はあまり効果が発揮されずに終了。

・ポートロイヤル
船に荷物を載せていくトリックテイクゲーム。マストフォローじゃないけど、選択された色以外で切り札を出すときだけ選択された色が無いことが条件というなんだか珍しいシステム。
序盤から積極的に金を使ってカード変更、切り札設定の権利を取っていく。これで適当に欲しい材料を積み込み、ボーナスカード(どうみても人質カード)も獲得する。中盤から権利が高騰し始め、このあたりから欲しいときだけ取るようにする。序盤の切り札が出しづらい時にスタート権利で最高値を出して獲得、あとしゃがむというプレイで中盤を凌ぐ。
終盤は逆に荷物が揃いすぎて過積載になりかける。過積載=船沈没で0点なのでなんとしても防ぐ。これで変に失速する。
マイナスを掴まされていた哲と順目で中々買えない提督。途中から提督が権利で驚異の伸びを示すも、ギリギリ逃げ切って終了。
競りとトリックテイクが両方できるお得ゲーム。

・リトルイタリー
クニツィアのサイコロ移動ゲーム。自分が点数を貰うか、相手に失点を与えるか。
最初、3人プレイで車が被ってプレイしたため、3人で車4台。ルール上自分が最初に4つ振る、という形で圧勝(そりゃそうだ)。
ルールを確認して1人2台(かぶりなし)でプレイ。
最初は全員プラスをそこそこ取りながらのゲーム展開。中盤に提督の車をマイナスに突っ込んだら、次のマイナスに自分の車が居て自分も連鎖大ダメージ。哲の圧勝かと思いきや、後から哲にもダメージを与えてまた平たい状態に。
途中から自分と提督がプラスを連続で取ってガチ状態に。気が付くとマイナスの方が進んできて、ついにマイナス7まで上がり、裏路地に入ったほうが負けという状態。そこで車を突っ込まれて終了。最後のサイコロの目で負けた。

ということで、残りは後日書きます。


posted by karoku at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

珍しゲームの会2

少し時間が空いてしまいましたが、前回の続きであります。

・漁師の猫さん
魚を釣って売る、というのを繰り返して行き、お金を稼ぐゲーム。春夏秋冬季節によって売値が変わります。
アクション早い者勝ちで取るシステムで、「ワーカープレイスメント」と言うそうです(おのさんとこ参照)。
おのさんが序盤に骨(はずれ)を引きながらも、遠洋漁業で高価値の魚を買いながら回す作戦。クジラを釣れるようになったあたりからお大臣に。
かゆかゆさんは倉庫で大量仕入れ、いい季節で売るという好循環を作り上げる。順番により手番が遅い提督は上手いことアイテムが買えずに厳しい展開に。
自分は網&倉庫でそこそこ回し、アイテムを先に買ってアドバンテージを作る作戦にでる。が、アイテムは後で買ったほうが安い値設定なので、アドバンテージにあんまりならなかった。
中盤から釣る場所が無くなってきて、今まで軽視していたアイテムの強さをやっと認識(テレポートや選んでないアクション選択など)。
終盤には提督に台風をぶつけられ、反撃。がそんなことやっていたら循環回転のかゆかゆさんが止まらなくなり、終盤のタコアタックも間に合わず、かゆかゆさんがトップで終了。
もっとざっくりしたゲームかと思いきや、何気にちゃんとしたシステムでした。
序盤の小さい魚釣りから、終盤の網漁でがっさり取りまで、時代に応じて盤面が変わっていくのがいい感じです。

・イラスト募集中
時間が無かったため、セッション無しでプレイ。
広告用の絵を描いて、その後から広告のお題が出てきて、ランダムに出た3枚の絵から「どれがいいか」を選ぶゲーム。
選ばれた絵の人には高得点。そして誰がその絵を描いたか当てても点数という感じです。
髭のおっさんの絵を描いたら、それが広告のお題にマッチして点数を貰えたくらいで後は上手くお題にはまらず、話題にも上らず。
中々不思議なシステムであります。

ということで、プレイした数は少なかったのですが、プレイが長いゲームが2つありました。
ガッツリゲームした、という感じであります。皆さんお疲れ様でした〜
posted by karoku at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

珍しゲームのゲーム会

先日おのさん宅のゲーム会に参加してきました。
珍しいゲームをプレイしてきました。1つあたりがえらい長いのが特徴です。
参加者はおのさん、かゆかゆさん、提督、自分。皆さんお疲れ様でした&インストする予定だったのにヘタレて殆ど真っ当なインストにならず、すんませんでした。

・最後の鐘
日本語で「最後の鐘」とありますが、ポーランドの人が作ったようです。
絵がかなりキャッチーであります。しかもかなり作りこまれている絵といった感じです。ゲームの内容は生徒会立候補のためにあの手この手(あの金あの人脈)で票を集めることです。
パッケージに写っている人は立候補者や強力キャラクターだったりします。その代わりコストも高い。システムは後ほど詳しく書きますが、キャッチーゲームかと思ったらかなり重厚な積み上げゲーでした。
序盤から効率よくお金と人気を使いまわしたかゆかゆさんがスタートダッシュ。自分はお金か人気を交互に使うことで高付加ゲット作戦に出る。途中から提督が色揃えを上手く行って驚異の伸びを示す。おのさんは序盤に手持ちを使い切ったのが響いて中盤失速。
オークション形式イベントですったもんだしながら、序盤の優勢さがそのまま終盤まで続く展開。
ここで自分が逆転のために出来るだけのお金を使って2イベント成功の材料を集められる展開になったら、下荘の提督の手を完全に潰したらしく、反撃を食らう。さらにかゆかゆさんからも追加攻撃を受ける。
防御カードが仕入れられていなかったため(教師カードが途中から5連続、要らない体育教師)、全く防げず残していたお金が全く無くなり撃沈。正しくこれが「最後の金」。
かゆかゆさんに3歩ほど届かない2位で終了。
出てくるタイルやカードの運にも左右されますが、アイテムと生徒の相乗効果を作り上げていき、自分の資産を増やしていく積み上げゲームでした。
かゆかゆさんを「初代【最後の鐘日本】チャンピオン」ということに決定しました。

・写字室と写本師たち
伏せてゲットフェーズとオークションでゲットフェーズの2パターンでカードを集めるゲーム。他の人が何を集めているのかぼんやりとしか分からない点が魅力的なカードゲームです。
序盤から雰囲気的にかゆかゆさんと集めているものがバッティング。それを見ていた他の人が教皇を使ってモリモリ価値を下げに来る。自分はそちらを少し強く集めながら、もう1ラインを確保しようと絞ってみる。が2のカードが全く来ず、1ばかり。
オークションフェーズになると意外とみんなお金カードを持っていて高値での取り合いに。集めていたものは教皇パワーによって下げられ、また上げてを繰り返していく。
終わってみるとメインに集めていたものは取れたものの、それ以外が全く取れず。価値を下げられても3種類集めたかゆかゆさんが1位で終了。

と少し長くなったので次回に続きます。
posted by karoku at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。