2009年11月30日

TGF

テーブルゲームフェスティバルに行ってまいりました。
いくつかゲームをプレイさせてもらいましたが、どれも大変面白かったです。
一緒にプレイしたのは髭親父さん、侍、提督。おつかれさまでしたー


プレイしたのは、こんな感じです。

・どこにいるの?(メビウス)
音を駆使したボードゲーム。様々な音が出る機械に耳を傾けながら、移動先を読み、電子サイコロで移動するというもの。
会場が騒々しく、音ボドゲ(?)は厳しいという感じですが、結構聞き取れました。魔女からの移動で川連続からあたりをつけ、見事移動先を看破。そのまま逃げ切り。
音が出ますが言語依存なしであります。

・ピザパレッティ(テンデイズ)
ヴィラパレッティは建築家ですが、こちらはピザの配達屋。ゴールドジーバーの気になるゲームで、入れ物が配達ピザのケース型です。サイコロで移動するルートゲーム。ピザ完成の材料集め&配達がルートなのですが、材料のマネージメントも結構重要です。序盤から中盤までは順調だったものの、途中から材料が上手く回らずピザ完成の先を越されまくられる。侍が奇跡のダイス目(3つ降って、9割以上が10以下。うち111も発生)を爆発させるも、1手番2配達など上手くまわす。髭さんは右上地区(私から見た)で上手く配達を続ける。提督が終盤にきていい位置に陣取ってまわしまくり、そのまま逃げ切る。僅差の2位。

・セブンヒル(バネスト)
カードを使った勢力ゲーム。カードの色が揃わないと中々動けません。持っているカードをどれくらいのタイミングで出すかが重要ですが、反乱も重要です。最初に3枚でコマを出すも、何らかの理由で除去されたり。ガチな勢力争いですが、プレイヤーの平均作用でバランスがとられる感じです。時間が無かったので5ラウンドのところを2ラウンドのお試しプレイ。終わってみると2地域でトップを取った提督がさっくり逃げ切り。

・タイタニック(みさき工房)
箸も使うアクションゲーム。沈み行くタイタニックから人を逃がします。サイコロを振って救命ボートに乗せる人を選び、ある程度たまったら逃げ帰るというもの。目に男、女、子供とか居て、それにあわせたコマがあるのですが、巨漢(石)、DQN(磁石)がいいスパイスです。
特にDQNは結構強力な磁石で、乗せるのを失敗するとコマが飛んだり、船がひっくり返ったりします。全ての船にDQNが乗っているともう難易度最高潮。逃がすときは船を箸でつかんで移動するというもの。
程よい難しさと絶妙なアクション性がいい感じです。ちなみに全員「本人が逃げ切れずに勝利条件に達しない」ということに。


詳しいレポートは後日アップ予定であります。
参加した方々、おつかれさまでしたー
posted by karoku at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134282969

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。