2010年08月01日

くにとりっ! やってみた

えー

久々の更新の一発目が、くにとりっ!です。
(あれ、!いらなかったっけ?)

レビューは後ほどちゃんと書くとして、簡単な説明とプレイ所感。

まず、簡単にシステムを説明すると、デッキ構築型カードゲームです。
今流行の、というとアレですが、ドミニオンによって開拓された新システムが一般化した、っていうものでしょう。

お金カードを使ってカードを買っていき、デッキが分厚くなっていくというところは大体一緒ですが、手札が4枚、一部カードは自分の場に出して効果発動しっぱなしなど独特な点があります。
また、武将カード(と若き日の武将という省略武将)を使って、他のプレイヤーに攻め込んで勝利点を得る、というのも特徴です。

ちなみに武将カードは織田信長、秀吉、家康など有名武将が何人か居ますが、女体化しています。
これも最近の流行りか、と思う人も居るでしょうが、まあ江戸時代に南総里見八犬伝の作者が水滸伝をにょたした「傾城水滸伝」とか書いているから、ある意味昔からあるジャンルだったり。

まあ、信長様はパンツ見えているようにみえますが、アレはパンツじゃなくてズボンなんでしょう。パンツじゃないから大丈夫。

横道にそれましたが、他のデッキ構築系と同じような感じでプレイしていると、えらく置いていかれることがあります。
戦争システムが「負けても損失が無い」というシステムのため、逆に戦争に特化しない、という手もありますが、そうすると中盤から高得点を荒稼ぎされて一気にゲームが終了に向かうことも。

プレイしている最中はサクサクしているのですが(手札が4枚なので)、気が付くと結構時間が経っているゲームです。



posted by karoku at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158118513

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。