2010年08月08日

じゃむたん定例会201008

えー

先ほど書いた文章が消えたので、気を取り直して書き直します。
先日行った定例会のレポートを久々にアップします。
例によりダイジェストにてお送りします。

プレイヤーは提督、侍、自分の3人。
勿体無いから文章が長くなったものは後日アップ予定。

・水晶の森
磁石を使った記憶ゲーム。意外と覚えられないです。
序盤に脅威の勘で未開の地を当てまくるも「一度自分で当てた場所の答えを覚えていない」という
脅威のダメ記憶力を発揮して後手に回り始める。
引いた目標の近さも相俟って提督の勝利。2位で終了。

・たんとくおーれ
長いので後日

・自転車便
長いので後日

・テラプライム
長いので後日

・ガラパゴス
その名の通り、ガラパゴスを舞台にした動物発見捕獲売却展示ゲーム。研究もあるよ。
ということで序盤から調査方角競りで張り過ぎて、行きたい方角に中々いけない。
その後1〜2枚しか使えない展開が続き、研究で置いていかれる。これが資金不足を招く状況に。
中盤で固まった方角カードを使おうと、強張りして5枚を一気に使う。
そして帰ってきたカードが、「そのとき使ったのと同じ色が4枚」。
資金もなく、一度使った方角なので他の人が選択することも無く、このあたりから動物確保に苦戦しだす。
終盤に3動物を展示したのが限度で、そこで終了。見せ場無く3位。

・バンパイアの夜
磁石を使ったコマ動かしゲーム。ルールは簡単で殆ど見たまんま。
コマの動かし方がある意味ビリヤードの玉を打つのと同じようなイメージのため、早くからコツをつかむ。
が、掴んだはいいんですが、見てなかったコマを落としたりと他の人と一進一退。
最後は侍がコマを持っていって終了。序盤のジャラジャラあるあたりが一番派手かも。

・エルサレム
長いので後日

・どミリオン
長いので後日


ちなみに今回は昼時間を短縮した結果、中規模のゲームの数を多くまわすことが出来ました。

という形のゲーム会でありました。
後日に回したレビューは、ちょいちょい書いて行きます。

posted by karoku at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。