2010年08月09日

定例会(自転車便、テラプライム)

・自転車便
自転車レースゲームでシステムがシンプルになった感じのものです。
シンプルながら、集団走行やドリンクの概念がちゃんと盛り込まれていてコンパクトに良く仕上がってます。
ちなみにこのゲームの最大の敵はマンホール。そこで止まるのではなく、
「一個前の空いているマンホールに戻る」というもの。
最初からマンホールにあたり(落ちて?)、いきなりスタート戻る。ドリンク2つゲット。
その後4つのコマのうち、3つがゴールできれば勝てるので、1コマをスタート付近にサイコロ目調整要員として置いておいて残りはどんどん進ませる。
中盤から提督とプロトンを組んでガシガシ進ませ、一気にゴール間近に。
目調整要員のおかげでマンホールの恐怖も殆どなくそのまま3つ突っ込んで勝利。

・テラプライム
宇宙開拓もの。遠距離に強烈な敵対宇宙人や小惑星帯があり、宇宙船の装備を充実させていないと厳しい。
近距離でコロニーを作りまくったものの、コースを失敗して一筆書きにならない形にしてしまった。
これが中盤以降尾を引くことに。
唯一のブラニウム算出のコロニーを持ち、追加アイテムを買い捲るも、その間に侍はセッセとコロニーをあちこちに作りまくる。
後半に入って船の積載量を生かしてコロニー建設および物資売りで稼ごうと思っていたが、
攻撃1門で敵対宇宙人を倒し、そこから宇宙人駆逐に特化。
攻撃3門(+追加装備で4門)、追加装備で攻撃回避や振りなおしなど考えうる最高装備にして暴れまくる。
最後に戦艦2隻、偵察艦1隻の相手を一撃撃破してゲーム終了。コロニー建築には及ばず2位。


自転車便

自転車便

  • 出版社/メーカー: ABACUSSPIELE
  • メディア: おもちゃ&ホビー



posted by karoku at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

じゃむたん定例会201008

えー

先ほど書いた文章が消えたので、気を取り直して書き直します。
先日行った定例会のレポートを久々にアップします。
例によりダイジェストにてお送りします。

プレイヤーは提督、侍、自分の3人。
勿体無いから文章が長くなったものは後日アップ予定。

・水晶の森
磁石を使った記憶ゲーム。意外と覚えられないです。
序盤に脅威の勘で未開の地を当てまくるも「一度自分で当てた場所の答えを覚えていない」という
脅威のダメ記憶力を発揮して後手に回り始める。
引いた目標の近さも相俟って提督の勝利。2位で終了。

・たんとくおーれ
長いので後日

・自転車便
長いので後日

・テラプライム
長いので後日

・ガラパゴス
その名の通り、ガラパゴスを舞台にした動物発見捕獲売却展示ゲーム。研究もあるよ。
ということで序盤から調査方角競りで張り過ぎて、行きたい方角に中々いけない。
その後1〜2枚しか使えない展開が続き、研究で置いていかれる。これが資金不足を招く状況に。
中盤で固まった方角カードを使おうと、強張りして5枚を一気に使う。
そして帰ってきたカードが、「そのとき使ったのと同じ色が4枚」。
資金もなく、一度使った方角なので他の人が選択することも無く、このあたりから動物確保に苦戦しだす。
終盤に3動物を展示したのが限度で、そこで終了。見せ場無く3位。

・バンパイアの夜
磁石を使ったコマ動かしゲーム。ルールは簡単で殆ど見たまんま。
コマの動かし方がある意味ビリヤードの玉を打つのと同じようなイメージのため、早くからコツをつかむ。
が、掴んだはいいんですが、見てなかったコマを落としたりと他の人と一進一退。
最後は侍がコマを持っていって終了。序盤のジャラジャラあるあたりが一番派手かも。

・エルサレム
長いので後日

・どミリオン
長いので後日


ちなみに今回は昼時間を短縮した結果、中規模のゲームの数を多くまわすことが出来ました。

という形のゲーム会でありました。
後日に回したレビューは、ちょいちょい書いて行きます。

posted by karoku at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

久々にレビューを書いてみて

やばいです、書き方忘れています。
というか文章自体書くのが半年ぶりであります。

リハビリも兼ねて少しずつ書いていく予定です。
とりあえず何かを書くという癖を少しずつつけていかないと。
posted by karoku at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

くにとりっ! やってみた

えー

久々の更新の一発目が、くにとりっ!です。
(あれ、!いらなかったっけ?)

レビューは後ほどちゃんと書くとして、簡単な説明とプレイ所感。

まず、簡単にシステムを説明すると、デッキ構築型カードゲームです。
今流行の、というとアレですが、ドミニオンによって開拓された新システムが一般化した、っていうものでしょう。

お金カードを使ってカードを買っていき、デッキが分厚くなっていくというところは大体一緒ですが、手札が4枚、一部カードは自分の場に出して効果発動しっぱなしなど独特な点があります。
また、武将カード(と若き日の武将という省略武将)を使って、他のプレイヤーに攻め込んで勝利点を得る、というのも特徴です。

ちなみに武将カードは織田信長、秀吉、家康など有名武将が何人か居ますが、女体化しています。
これも最近の流行りか、と思う人も居るでしょうが、まあ江戸時代に南総里見八犬伝の作者が水滸伝をにょたした「傾城水滸伝」とか書いているから、ある意味昔からあるジャンルだったり。

まあ、信長様はパンツ見えているようにみえますが、アレはパンツじゃなくてズボンなんでしょう。パンツじゃないから大丈夫。

横道にそれましたが、他のデッキ構築系と同じような感じでプレイしていると、えらく置いていかれることがあります。
戦争システムが「負けても損失が無い」というシステムのため、逆に戦争に特化しない、という手もありますが、そうすると中盤から高得点を荒稼ぎされて一気にゲームが終了に向かうことも。

プレイしている最中はサクサクしているのですが(手札が4枚なので)、気が付くと結構時間が経っているゲームです。



posted by karoku at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

おひさしゅうございます

えー

完全に半年ぶりくらいであります。
もろもろあってゲームはしていたのですが、中々書くに至りませんでした。

ということで、記事書きとブログを再開していこうと思っています。


と、いう意思表示だけをとりあえず今日中に書いておこうと思いまして。
何はともあれ、今後ともよろしくお願いします。
posted by karoku at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

ゲーム会レポート(去年の髭宅)

えー、新年あけました。
本年もよろしくお願いします。

ということで、このところ書けていなかったゲーム会のレポートから書いていこうと思います。

まずは12月23日の髭親父氏宅のゲーム会。
プレイしたものをダイジェストでお送りします。

・ラミーキューブ
すっかりおなじみのあの顔。序盤から早めに出せたものの、中盤数字がへんに固まって中々出せず。提督があっというまに全て出し切って終了。終わってみると72点という大失点。

・アルカザール
柱と橋の積み上げゲーム。くねくねした盤が何とも変な土地です。作っていくとうまく合体して行き、見ごたえのある立体感に。
序盤から仕掛けた侍が逆に他の人との相互環境を作れずに撃沈。私は序盤しゃがみまくったのが功を奏し、2箇所の塊に絞って伸ばした結果、僅差でトップ。

・オペラ
オペラハウス作ったり、楽曲集めたりというマネージメントゲーム。エッセンで本物のオペラやっていたアレです。序盤からオペラハウス作成に勤しんだ結果、楽曲の価値が下がっても満遍なく集めていた形になり、そのまま逃げ切り。

・モウ
手なりで進めても、普通にハエを大量獲得する不思議なゲーム。今まで圧倒的な力によってベルゼブブの称号を貰っていましたが、ついに陥落して称号は髭さんへ(ゲーム性が逆だ)。正しいゲームとしては、提督がすばらしい回避術を見せて勝利。


ということで皆様、お疲れ様でしたー

posted by karoku at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

自宅でゲーム

気がつけば12月に突入しました。
師匠じゃないんですが、なんとも忙しく走り回っております。
(というほどでもないんですが)

この土日は珍しくOFFだったため、家でゆっくりしながらゲームをしたりレビューを書いています。
ということで、昨日土曜日にプレイをしたゲームのダイジェストをお送りします。
全部提督と2人プレイ。

・エルパソ
みんなで強奪しよう、都市略奪ゲーム。カードで略奪先を選んで、そこにあるものを強奪します。銀行やホテル、サロンなどから金品。牧場から牛や馬を盗みます。保安官が到着する前に逃げれば金に換金でき、保安官がきちゃったら捕まって奪ったもの没収。
チキンレース式なんですが、捕まっても没収以上の罰則が無い、なんとも緩い地域です。
換金率の悪い序盤では、次の都市への持ち越しを考えながら上手く捌いて、がんがん稼ぐ。保安官に2回ほど捕まったものの、こまめに金塊にしていく。中盤大勝負に出て大量の金塊を獲得。
そして最後の都市、エルパソ。ここでは換金率が最高です。提督も引かずの構え。2人して都市を襲ったら、2回で保安官着ちゃった。あっという間に捕まる展開でした。中盤の蓄えにて、逃げ切り。

・黒猫(黒猫ゲーム?)
子供用の簡単な記憶ゲーム。カップシャッフル(正式名称不明)のシステムで、隠したものの移動先を当てさせるゲーム。大人がやるとしっかり記憶しているので、シャッフル回数を増やしてもいいかもしれません。
木のコマがなんとも味わいのあるゲームです。ご褒美チーズのサイズがバラバラなのもいい感じ。

・バーガージョイント
ハンバーガーショップとピザショップの店舗出展ゲーム。
序盤から屋台を中心に回す提督。自分は屋台を早めに食堂にクラスアップしていく。中盤提督の伸び率が高かったものの、レストラン作戦を先に打ち出して攻勢へ。材料の出方で勝敗が決まるところで、自分が手版プレイヤーだったために先に建てて勝利。地味に面白いゲームです。

posted by karoku at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

TGF

テーブルゲームフェスティバルに行ってまいりました。
いくつかゲームをプレイさせてもらいましたが、どれも大変面白かったです。
一緒にプレイしたのは髭親父さん、侍、提督。おつかれさまでしたー


プレイしたのは、こんな感じです。

・どこにいるの?(メビウス)
音を駆使したボードゲーム。様々な音が出る機械に耳を傾けながら、移動先を読み、電子サイコロで移動するというもの。
会場が騒々しく、音ボドゲ(?)は厳しいという感じですが、結構聞き取れました。魔女からの移動で川連続からあたりをつけ、見事移動先を看破。そのまま逃げ切り。
音が出ますが言語依存なしであります。

・ピザパレッティ(テンデイズ)
ヴィラパレッティは建築家ですが、こちらはピザの配達屋。ゴールドジーバーの気になるゲームで、入れ物が配達ピザのケース型です。サイコロで移動するルートゲーム。ピザ完成の材料集め&配達がルートなのですが、材料のマネージメントも結構重要です。序盤から中盤までは順調だったものの、途中から材料が上手く回らずピザ完成の先を越されまくられる。侍が奇跡のダイス目(3つ降って、9割以上が10以下。うち111も発生)を爆発させるも、1手番2配達など上手くまわす。髭さんは右上地区(私から見た)で上手く配達を続ける。提督が終盤にきていい位置に陣取ってまわしまくり、そのまま逃げ切る。僅差の2位。

・セブンヒル(バネスト)
カードを使った勢力ゲーム。カードの色が揃わないと中々動けません。持っているカードをどれくらいのタイミングで出すかが重要ですが、反乱も重要です。最初に3枚でコマを出すも、何らかの理由で除去されたり。ガチな勢力争いですが、プレイヤーの平均作用でバランスがとられる感じです。時間が無かったので5ラウンドのところを2ラウンドのお試しプレイ。終わってみると2地域でトップを取った提督がさっくり逃げ切り。

・タイタニック(みさき工房)
箸も使うアクションゲーム。沈み行くタイタニックから人を逃がします。サイコロを振って救命ボートに乗せる人を選び、ある程度たまったら逃げ帰るというもの。目に男、女、子供とか居て、それにあわせたコマがあるのですが、巨漢(石)、DQN(磁石)がいいスパイスです。
特にDQNは結構強力な磁石で、乗せるのを失敗するとコマが飛んだり、船がひっくり返ったりします。全ての船にDQNが乗っているともう難易度最高潮。逃がすときは船を箸でつかんで移動するというもの。
程よい難しさと絶妙なアクション性がいい感じです。ちなみに全員「本人が逃げ切れずに勝利条件に達しない」ということに。


詳しいレポートは後日アップ予定であります。
参加した方々、おつかれさまでしたー
posted by karoku at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

三越ドイツフェア

日本橋三越本店でやっていた、ドイツフェアに行ってきました。

詳細はこちら。
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/germanfair/02.html
本館7階です。

対象はドイツの食べ物、装飾品やインテリア、そしてボードゲームも。
ボードゲームはすごろくやさんが出展していました。
やはり日本では珍しいので、結構足を止めてみている人がいました。
引っ切り無しに説明をしているという大盛況ぶりであります。ボードゲームを始めてみる人たちに、丁寧に説明をしていました。

先日のTV番組といい、ゲームフリーク以外の目に留まる場所への露出が増えているのが、なんとも嬉しい限りであります。

posted by karoku at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

エッセンの日記について

えー

エッセンの日記なのですが、とりあえず書き終わりまして。

最初は
・エッセンシュピールをじゃむたん
・それ以外の個人的内容をここ(ブログ)

という更新をしようと思っていたのですが、両方ともじゃむたんにアップしようかと思っております。

ということで編集作業終了まで暫しお待ち下さい。
posted by karoku at 13:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。